イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業日
 
 
 
 
 

トップ > 白ワイン > フリウリ ヴェネツィア ジュリア  > シャルドネ 2016 クリュ チャーレ 白 750ml
3,000円〜4,999円 > 白ワイン > シャルドネ 2016 クリュ チャーレ 白 750ml
地域でさがす > フリウリ ヴェネツィア ジュリア > シャルドネ 2016 クリュ チャーレ 白 750ml
フリウリ ヴェネツィア ジュリア > シャルドネ 2016 クリュ チャーレ 白 750ml

シャルドネ 2016 クリュ チャーレ 白 750ml

Colli Orientali del Friuli Chardonnay 2016 Cru Chale

【白】【辛口】
等級 : Bianco D.O.C.
葡萄品種:シャルドネ 100%
熟成:バリック(新樽15%)10ヶ月
アルコール度数13%

温暖な気候を持ち長熟なワインが生まれるフリウリのグラン クリュ、ロザッツォにあるロンコ デル ニェミツの樹齢50年の区画のブドウを使用。

白桃のコンポート、リンゴの蜜、洋ナシ、ナッツのリッチでボリューム感のあるなめらかな舌触り。早すぎず、遅すぎず、適正な時期に収穫されたブドウに根差した酸とミネラルにきっちりと支えられた味わいは、全体を通してきれいでクリーンな印象。

相性の良い料理:ペスカトーレ風スパゲティ など

CRU:CHALE
住所 : VIA FORNALIS, 277/1, 33043, Cividale Del Friuli (Udine)
設立 : 1997年
オーナー : Family Sirch
エノロゴ : Luca SirchとChristian Patat
年間生産量 : 10,000

クリュ チャーレは、経験豊かな2人のエノロゴ、クリスチャン パタとピエル パオロ シルクを中心に、グラヴネールやロンコ デル ニエミツの栽培責任者であるマルコ シモニ、そしてワイン商のグラウコ ラヴェッロの4人のプロフェッショナルにより結成されたワイナリーである。醸造責任者であるクリスチャンは、ミアーニのエンツォ ポントーニと親交が深く、フリウリにネコティウム社を構えて自らワインを手掛ける一方、イタリア各地の優れた生産者を発掘する敏腕エージェントとしても知られている。畑の世話を受けもつピエル パオロは、ガヤのコンサルタントを務める等、フリウリ内外で活躍するエノロゴであり、彼の兄弟のルカ シルクもまた、クリスチャンとともにクル チャーレの醸造に携わっている。
商品コード : IFRB104215
製造元 : クリュ チャーレ
希望小売価格 : 4,400
価格 : 3,400円(税込3,740円) 
750ml
ポイント : 34
数量    残りあと1個
 

イタリア フリウリ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 敏腕エノロゴのクリスチャン・パタを中心に4人のプロが、何の制約にも縛られず、独自の『フリウリらしさ』の表現を求めて進化し続ける。メディアには一切露出しないアンダーグラウンド的カルトワイン。

  • 優れたポテンシャルを秘めているにもかかわらず、放置されたままの数々の畑を目にしたこの専門家達が、フリウリのテロワールの可能性を実証すべく、1997年にたった5樽のシャルドネからこの新しいプロジェクトはスタートした。畑はコッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ地区に位置しており、グランクリュとも言えるロザッツォ、同じく偉大で大らかなブットリオ、晩熟の地サン・マウロ等からのブドウが用いられる。収量は厳しく制限され、発酵にはフレンチオークの2年樽と3年樽を使用。二酸化硫黄の使用を極力抑えるため、ワインと澱を長期間接触させる等の工夫を凝らしている。

  • 経験を重ねるごとに、「フリウリの多様なテロワールの個性を表現するためには、どのテロワールにどのブドウ品種が最適か、つまりどのブドウをどこで育てるかが重要だと学んだ」というクリスチャン。何ら制約に縛られない彼らのワインは、独自の『フリウリらしさ』の表現を求めて進化を続けている。現在も総生産本数が1万本に満たないため、ほとんど市場に出回ることはなく、またメディアへの露出も行っていないため、現地以外ではほとんど見かけることのない稀少なワインである。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    ショッピングガイド

ページトップへ