イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業日
 
 
 
 
 

トップ > 白ワイン > ピエモンテ  > マルティン コッリ トルトネージ ビアンコ 2014 フランコ マルティネッティ 白 750ml
5,000円〜9,999円 > 白ワイン > マルティン コッリ トルトネージ ビアンコ 2014 フランコ マルティネッティ 白 750ml
地域でさがす > ピエモンテ > マルティン コッリ トルトネージ ビアンコ 2014 フランコ マルティネッティ 白 750ml
ピエモンテ > マルティン コッリ トルトネージ ビアンコ 2014 フランコ マルティネッティ 白 750ml

マルティン コッリ トルトネージ ビアンコ 2014 フランコ マルティネッティ 白 750ml

Colli Tortonesi Timorasso Martin 2014 Franco M. Martinetti

【白】【辛口】
等級 : Bianco D.O.C.
葡萄品種:ティモラッソ 100%
熟成:フレンチバリックにて10ヶ月、瓶熟最低12ヶ月
アルコール度数14.0%
年間生産本数 : 5,000

ワイン名の「マルティン」はラベルに描かれている「カワセミ」の意。ワイナリーのオーナーのフランコ マルティネッティ氏が趣味の釣りをしているとよくカワセミが魚を捕りに来る、そしてこのワインも魚料理に相性が良いのでマルティンと名付けたそうです。イタリアワイン誌のガンベロロッソやドゥエミラヴィーニなどで毎年高評価の生産者。葡萄品種もピエモンテのトルトーナ近郊のみで古くから生産される地葡萄を使用したイタリアを代表する白ワインの一つ。

輝きのある琥珀色にアーモンド、ヴァニラ、洋ナシやスパイスなどの複雑な香り。味わいはアタックが強めで果実味の凝縮感を感じ、余韻も長め。

--ワイン誌評価--
2016VT
ビベンダ2019 5グラッポリ

2015VT
ビベンダ2018 5グラッポリ

2014VT
ビベンダ2017 4グラッポリ
ガンベロロッソ2017 2ビッキエリ

2013VT
ビベンダ2016 4グラッポリ
ガンベロロッソ2016 赤2ビッキエリ

相性の良い料理:野菜のフリットミスト など

FRANCO M. MARTINETTI
住所 : Corso Turati, 14 - 10128 Torino
設立 : 1974年
オーナー : Franco Maria Martinetti
エノロゴ : Franco Maria Martinetti
年間生産量 : 140,000
所有ブドウ畑 : 5ha

1974年創業。バルベーラ種の栽培にこだわりを持っており、旧来の「フレッシュ&フルーティな赤ワイン」というバルベーラ種のイメージを覆す、深みのあるエレガントなワインを生み出すことに成功しました。伝統的に「若飲みワイン」用と見なされていたバルベーラ種の栽培にこだわりを持って取り組んできた、バルベーラの革命家ともいえるフランコ マルティネッティ氏。バルベーラ ダスティの造り手として有名な醸造家ジュリアーノ ノエ氏の協力を得て、旧来の「フレッシュ&フルーティな赤ワイン」というバルベーラのイメージを覆す、深みのあるワインを生み出しました。近年のバルベーラ見直しの機運を高めるきっかけとなったワイナリーといっても過言ではありません。
商品コード : IPIB002220
製造元 : フランコ M マルティネッティ
希望小売価格 : 9,368
価格 : 7,240円(税込7,964円) 
750ml
ポイント : 72
数量    残りあと1個
 

イタリア ピエモンテ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • ティモラッソ種はトルトーナ近郊でのみ栽培されている土着品種。アロマはリースリングと共通するものがありますが、ストラクチャーやミネラルはブルゴーニュを髣髴させます。マルティンはカワセミの意味です。

  • オーナーのフランコ・マルティネッティ氏。バローロやバルベラなどの生産者としても高く評価されている。

  • ほどよく凝縮感のある味わいなので、料理と合わすなら若干高めの温度(14℃前後)で。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    ショッピングガイド

ページトップへ