イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業日
 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > ピエモンテ  > ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ヴィーニャ デル パッロコ 2016 ルカ フェラリス 赤 750ml
3,000円〜4,999円 > 赤ワイン > ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ヴィーニャ デル パッロコ 2016 ルカ フェラリス 赤 750ml
地域でさがす > ピエモンテ > ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ヴィーニャ デル パッロコ 2016 ルカ フェラリス 赤 750ml
ピエモンテ > ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ヴィーニャ デル パッロコ 2016 ルカ フェラリス 赤 750ml

ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ヴィーニャ デル パッロコ 2016 ルカ フェラリス 赤 750ml

Ruche di Castagnole Monferrato Vigna del Parroco 2016 Luca Ferraris

【赤】【フルボディ】
等級 : Rosso D.O.C.G.
葡萄品種:ルケ 100%
樹齢 : 52年(1964年植樹)
葡萄栽培面積 : 1.7ha
熟成:80%はステンレスタンク、20%を500Lのトノーで9ヶ月
アルコール度数 : 14.5%
年間生産本数 : 13,333

このD.O.C.G.で唯一公的にクリュと認められた、単独所有の畑から醸造

色調は濃いルビーレッド。ルケの特徴であるバラを思わせる華やかで豊かな花のアロマが広がります。味わいの中にも花の要素が感じられます。非常にバランスのとれたやわらかく、エレガントなタンニンがあります。

--ワイン誌評価--
2018VT
ビベンダ2020 4グラッポリ
ガンベロロッソ2020 赤2ビッキエリ*

2017VT
ビベンダ2019 4グラッポリ

2016VT
デカンター2018.01 93点

相性の良い料理:仔羊のスパイシー串焼き など

FERRARIS AGRICOLA
住所 : S.P.14 Loc. Rivi, 7 - 14030 Castagnole Monferrato (Asti)
設立 : 1921年
オーナー : Luca Ferraris
エノロゴ : Mario Redogna
アグロノモ : Daniele Eberle
年間生産量 : 220,000
所有ブドウ畑 : 33ha

ピエモンテのアスティ県の北東にワイナリーは位置しています。フェラリス家はDOCGルケ ディ カスタニョーレを生産する7つの地区の中でも最大規模を誇る家族経営の生産者です。1921年に現オーナーの祖父母が「ヴィア アル カステッロ」に家を購入したことから始まります。そしてその2年後、祖父のマルティーノ氏が「ヴィーニャ デル カソット」と土地を購入し、何もないところに葡萄樹を植え、樽を購入してワイン造りを始めました。昔ルケは甘口ワインでしたが、バローロやバルバレスコの醸造技術を見習い、品質の向上を図りました。グリーンハーベストや低温発酵など様々な試みをし、知名度の低かったルケを世界中に広め、そして現在はルケの総生産量の1/6を生産するまでになっています。
商品コード : IPIR101795
製造元 : ルカ フェラリス
希望小売価格 : 4,400
価格 : 3,400円(税込3,740円) 
750ml
ポイント : 34
数量
 

イタリア ピエモンテ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • '16VTは、質、量共に素晴らしいヴィンテージとなりました。「ルケのオリジナルな畑」・・このエリアで最初にルケ100%で造られたワインが誕生したオリジナルの畑が、この「ヴィーニャ デル パッロコ」(司祭の葡萄畑)です。ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート D.O.C.G.の中で、唯一、公的に「クリュ」として認められています。1964年にこの地に赴任したジャコモ カウダ司祭(Don Giacomo Cauda)は、ルケという葡萄品種の可能性に気付き、これまでは生食用やブレンド用として生産されていたルケを単一で仕込んだワインを造ることにしました。

  • この畑の葡萄の木は全て1964年にジャコモ司教(下記参照)が植えたものです。マサル セレクションで、オリジナルクローンの葡萄樹を増やしています。畑の土壌は石灰、粘土、凝灰岩が混ざっています。発酵は温度コントロールしたステンレスタンクで行います。

  • 発酵中はポンピングオーバーをします。熟成は、全体の80%はステンレスタンク、残り20%を500Lのトノー(新樽ではない)で9ヶ月行います。フィルターをかけずにボトリングし、その後、さらに3ヶ月瓶熟させます。司教の時代からの伝統にのっとり、6月に瓶詰します。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    ショッピングガイド

ページトップへ