イタリアワインならタストヴァン
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休業日
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
休業日
   ショップ紹介
少し遅くなりましたが皆様、あけましておめでとうございます。本年もワインショップ タストヴァンをよろし...
 
 
 
 
 
 
 
宇多田ヒカル結婚式のプーリアとは?!【5月27日号】

おはようございます。

ワインショップ タストヴァン店長兼ソムリエの竹平です。
いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

アーティストの宇多田ヒカルさんがイタリア人男性と挙式されましたね。プーリア州はイタリアを靴に例えると“かかと”にあたる部分でアドリア海に面してきれいな場所です。観光名所として世界遺産のカステル・デル・モンテがあります。ワイン生産も盛んでプリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアやサリーチェ・サレンティーノなど風味豊かなワインが数多く生産されています。

プーリア州の白ワインはこちら
http://www.vino-tastevin.co.jp/shopbrand/003/017/X/

プーリア州の赤ワインはこちら
http://www.vino-tastevin.co.jp/shopbrand/004/017/X/

宇多田さん末永くお幸せに。

【今週の豆知識】

キャンティとキャンティ・クラッシコ

おそらくイタリアワインで一番知名度があるワインと言えば「キャンティ」だと思います。そのキャンティを詳しく分類分けすると様々なキャンティが存在していますが、DOCの分類ではキャンティとキャンティ・クラッシコの2銘柄がDOCGワインとして認められています。
まずキャンティ・クラッシコは
・サン・カッシアーノ・ヴァル・ディペサ
・タヴェルネッレ・ヴェル・ディ・ペサ
・バルベリーノ・ヴェル・デルサ
・ポッジボンシ
・カステリーナ・イン・キャンティ
・グレーヴェ・イン・キャンティ
・ラッダ・イン・キャンティ
・ガイオーレ・イン・キャンティ
・カステルヌォーヴォ・ベラルデンガ
の認定エリアに分かれ主要は4村になりカステリーナ村、ラッダ村、ガイオーレ村、グレーヴェ村になります。
キャンティはトスカーナ州の広域で認められている物に分類されて、さらに細かく分類すると
・キャンティ コッリ フィオレンティーニ
・キャンティ ルフィーナ
・キャンティ モンタルバノ
・キャンティ コッリーネ ピサーネ
・キャンティ コッリ セネーシ
・キャンティ コッリ アレティーニ
・キャンティ モンテスペルトリ となります。
キャンティ・クラッシコは19世紀、リカーゾリ男爵の考案した製法として白ぶどうのマルヴァジアとトレッビアーノをブレンドして造られることを規定されていました。それは風味に柔らかさと新鮮味を与える為で、サンジョヴェーゼを中心にした黒葡萄の発酵が終了する直前に陰干しした白葡萄の果汁を加えて発酵を継続させるというもの。しかし時代の流れとともに(世間で好まれる味わいの変化により)1996年からブレンドに関して法改正されて今ではサンジョヴェーゼ100%のキャンティも生産可能になっています。 ただ「キャンティ」とついたワインに関しては生産地区範囲が広く、醸造も様々ですが「キャンティ・クラッシコ」は範囲がフィレンツェからシエナにかけて制限され(上記9地区)、優良ワイナリーが丹念に生産しているので、中にはビックリするほどの高品質のキャンティ・クラッシコも存在します。


【5月20日号】

おはようございます。

ワインショップ タストヴァン店長兼ソムリエの竹平です。
いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

【今週の豆知識】

テロワールとは?!

ワインは様々な国と地域で多種多様に造られています。その味わいを指す言葉に一言で「テロワール」とよく表現されますがそれは「地方特有の個性」と表されます。テロワールの構成要素は以下の4つの点が主体となっていると言えるでしょう。
‥攵
気候
C論
た妖要因
,痢崚攵蹇廚浪奮愿・物理的要素やphの数値。葡萄樹を栽培している畑の地質が何であるかということを分析します。石灰質とか粘土質とか色々ありますが、それらの地質に向いた葡萄品種もあります。また水はけの良さなども重要になってきます。それは葡萄樹が水分を必要として、地中深くまで根をはります。水はけが悪いと、葡萄樹の根はそんなに伸びません。地中深く根をはるとその土壌のミネラルや養分をたくさん吸収するので、葡萄果汁に複雑さやミネラル感をもたらします。
△痢峙じ」は日照量、降雨量、湿度(気温)の3要素からなります。日照条件はブドウ果実の1年間の生育期間は約100日で、時間として1250〜1500時間になると葡萄品種によりますが、果実は完熟します。これにより、光合成の成否、果実の色素や糖度、酸、タンニン(渋み)に影響されます。降雨量は大体500〜800ミリが適当と言われています。雨が多すぎると必要以上に幹や枝が伸びてしまうことや、果汁が希釈されカビなどが発生しやすくなります。ヨーロッパでは収穫直前の秋に雨が多いので成熟前に収穫を余儀なくされるケースも少なくありません。完熟葡萄を使用すると果実味豊かな力強い味わいになります。気温は年間平均気温が10〜16℃が好ましいと言われていて、最低と最高気温の寒暖の差が大きいほど、ワインの味わいに決めてとなる酸味が豊かに生成されます。湿度は葡萄の病気の原因となるカビやバクテリアなどの微生物に関係してきます。その中に貴腐菌という貴腐ワインに必要なものも存在します。葡萄樹の病気としては「うどんこ病」「ベト病」「ユーティヴィオズ」「灰色カビ病」「ビアス病」などが代表的です。
の地勢は畑の向きや傾斜、標高です。畑の方角が東西南北のどの方向に向いているのか、標高、傾斜角は毎日の日光との関係がそのまま反映されます。同じ地区の畑でもそれにより微妙な気候条件が存在しています。南向きの斜面は日光の恩恵を最大限に受けます。そして東向きの斜面は霜に強く、西向きは比較的強い日差しを受けます。また、近くに海があると、日光が海面からの照り返しで通常より日照量を多く受ける場合もあります。
た妖要因は生産者の栽培哲学やクローンの選抜などです。 銑の要素は大地の恩恵によるものですが、葡萄がワインを醸造するにあたって最後の決め手となる要素です。葡萄樹の選定、ビオディナミのように有機栽培を心がけ化学肥料や除草剤を一切使用しないことや、収穫も完熟した葡萄を選別したりなどです。また、ワインの世界で旧世界と言われるヨーロッパでは強いテロワール志向であり、有機栽培など積極的に行われています。逆に新世界と言われる国々は葡萄品種に手を加えることが多く、有機栽培には消極的な傾向があるようです。


【5月14日号】

おはようございます。

ワインショップ タストヴァン店長兼ソムリエの竹平です。
いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

最近すっかり暖かくなり、日によっては初夏を感じる日もありますね。休日は白ワインをよく冷やして飲みたくなる今日この頃。自分は最近ステンレスタンクでスキッリと醸造したものを好んでいます。

【今週の豆知識】

もうご存じの方が多いかと思いますがイタリア・ワイン誌のガンベロ・ロッソ 日本語版が発売決定です。先週、先々週とイタリアワイン誌について記載しましたが、今回世界で最も権威あるイタリアワインのガイドブック、「ガンベロ・ロッソ イタリアワインガイド」の日本語版が遂に講談社より出版されることになりました。発売日は今月27日でお値段が税抜5200円です。
以下は講談社の広告から
「最新のイタリアワインがわかる本」
イタリアワインガイドの最高峰『ヴィーニ・ディタリア』初の日本語版!
英語、ドイツ語、中国語に続き、イタリアワインを語るのになくてはならない存在のガイドブック『ヴィーニ・ディタリア』の日本語版が出版されます。60 人以上の専門家チームが1年をかけて、イタリア全土の2300 のワイナリー、45000本のワインを審査。そこから選び抜かれたワインを州ごと(全21 州)、ワイナリーごとに掲載。厳密な審査方法による信頼性の高いガイドブックです。「イタリア全土45000 本から選ばれた今買うべき、味わうべきワインがわかる」
●最高評価の“トレ・ビッキエーリ”(三ツ星ならぬ“3グラス”という意味)を獲得したワインは415 本。
●2グラス(2番目の高評価)、1グラス(3番目)の評価のワインも含めると、全部で20000 本のワインを掲載。
●トレ・ビッキエーリの415 本のうち、コスパ抜群の15 ユーロ以下のワインは107 本。
●バイオダイナミック栽培で生産された、オーガニックなワインに与えられる、“グリーン・トレ・ビッキエーリ”は84本。
●過去20年以上のヴィンテージの評価、生産者へのコンタクト情報なども掲載。
……イタリアワインの“今”がわかります。
イタリアワインインポーター、レストラン関係者はもちろん、イタリアワイン好き、イタリア好きは必携!
―ガンベロ・ロッソ社について―
イタリアのグルメ専門の出版社。イタリアのレストランガイド本「リストランティ・ディタリア」及び、ワインガイド本「ヴィーニ・ディタリア」等を出版。グルメ専門衛星放送チャンネル「ガンベロロッソ・チャンネル」も制作運営する。
翻訳:宮嶋勲
ワインジャーナリスト。京都生まれ。東京大学経済学部卒業。1983 年から89 年までローマの新聞社に勤務。現在、イタリアと日本でワインと食について執筆活動を行っている。イタリアでは2004 年からエスプレッソ・イタリアワインガイドの試飲スタッフ、2006 年からガンベロ・ロッソ・レストランガイドの執筆スタッフを務める。日本ではワイン専門誌への執筆ほか、ワインセミナーの講師、講演を行う。監修書に『イタリアワイン』(ワイン王国刊)など。BSフジのTV番組「イタリア極上ワイン紀行」の企画、監修、出演を務める。2013 年にグランディ・クリュ・ディタリア最優秀外国人ジャーナリスト賞受賞。
ワインの味わいは人によってそれぞれですので、3ビッキエリワインが必ずおいしいと感じるわけではございませんが、あくまでも目安として読めば面白いかと思います。ちなみに出版発表会が6月6日にあり、自分はそれに招待されましたので行ってみようと思います。


【5月8日号】

おはようございます。

ワインショップ タストヴァン店長兼ソムリエの竹平です。
いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

ゴールデンウイークも終了しましたが、皆様はどのように過ごされたでしょうか。
自分は子供2人(両方男です)いるのですが、連休最終日の6日に幕張メッセで行われた「プラレール博」に家族サービスとして行ってきました。仕事上、普段子供達と接する機会があまりないのが現状ですが、こういう時は父親として頑張りました(笑)。

【今週の豆知識】

イタリアワイン専門誌「ルカ・マローニ」について

前回のメルマガで「ガンベロ・ロッソ ヴィニ・ディタリア」と「ビベンダ(ドゥエミラヴィーニ)」について書いたので、今回はそれ以外で人気のあるワイン誌 「ルカ・マローニ誌」について説明しようと思います。正式には「グイダ・デイ・ヴィーニ・イタリアーニ」というタイトルで「イタリアワインガイド」の意。ルカ・マローニ氏はこの本を書いている人の名前で独自のテイスティングをするワイン評論家です。彼のワインの評価の仕方は点数方式になっています。最高評価は99点で、
92点以上------めったにない、最高のワイン
82〜91点------最高のワイン
70〜81点------評価されるべき、良質のワイン
67〜69点------良質のワイン
として紹介しています。ちなみに75点以上を購入するべきワインと評しています。前回紹介した2誌と評価の仕方が違うのは点数方式という事ではなく、一番の違いは彼の味の好みにあったかどうかで採点していることです。そしてルカ・マローニ氏の味の好みはというと、ワインの果実味の凝縮感と心地良さに重点を置いています。これは、そのワインがリリース後すぐ購入して抜栓して飲んでも楽しめるスタイルということで高評価を得ています。一般の消費者の味の好みは、このようなワインに人気がある傾向が現在ありますので、ルカ・マローニさんが高得点をつけたワインは万人受けするワインということです。ただソムリエ目線、シェフ目線から見ますとワインの味わいがボディ感、特にアタックが強すぎるワインですと、料理との相性を考えた時にワインが勝ちすぎて料理の味を引き立てないので、「この味のワインはちょっと・・・」と敬遠される方もいます。ソムリエ協会が発行している「ビベンダ」やスローフード協会の「ガンベロロッソ」などワイン評価の基準が違うので、同じワインでも評価が違ってきます。それは当然の事だと思いますし、あくまでもそのワインを飲まなくても、そのワインのポテンシャルを分かりやすく教えてくれるのがワインガイド。イタリア人が評価するイタリアワインも様々です。
                    

ページトップへ